クリアブルー妊娠検査薬を最安値で通販するには

デジタル表示のクリアブルー妊娠検査薬が人気

クリアブルーの妊娠検査薬は、Amazonでも購入できるようです。
でも、ちょっと違う…。

そう、Amazonで売られているのは、オムロンが代理販売するアナログタイプのクリアブルー妊娠検査薬です。米国版と大きく異なるのが、生理の何日前から検査可能かどうか。

  • デジタル版:生理4日前から検査可能
  • アナログ版:生理当日から検査可能

こんなに、違うんですね。
早めに結果をしりたくてウズウズしているのに、当日にならないとわからないというのはちょっと酷です…。

でも、その分安いというのも魅力。
価格の違いは以下の通りでした。

  • デジタル版:2,880円(2回分)
  • アナログ版:797円(2回分)

その差、4倍。4日早いから4倍…。

でも、デジタル版の魅力は、生理4日前だけでなく、結果が明確なところ。デジタル表示で”Pregnant”か”Not Pregnant”のどちらかで表示してくれるので、結果に惑わされなくて済みます。

「妊娠しているかどうかが生理の4日前からハッキリするなら…」

というところをどのように考えるかで、クリアブルーのデジタル版かアナログ版か変わってくるのかなと思います。

「アナログ版ならAmazonで買えば良いかな。」
「じゃあ、もしもデジタル版を買うとしたら?」

そう、デジタル版は、海外でしか販売されていないので、日本のAmazonでは購入する事が出来ません。
→クリアブルーデジタル妊娠検査薬の取り扱いがこちらにありました

このショップは、他にも、海外製で安くて人気のワンステップ排卵検査薬クリアなども取り扱っているので、価格で比べるなら一番安く購入出来そうです。

排卵検査薬と比べて、単価は高いですが、頻繁に使うものじゃないので、必要なら、こちらで購入するのが良さそうです。

クリアブルーがフライング検査で人気な理由

妊娠を望んで、排卵日から性交渉のタイミングを図っている夫婦にとっては、その結果は一刻も早く知りたいと思います。

しかし、妊娠検査薬を使って、正確な結果を得られる時期は、意外と遅いです。なぜなら、次の生理予定日1週間後から、と大抵の妊娠検査薬は設定されているからです。

ただ、感度の良い妊娠検査薬は、値段が結構張ると聞くので、何度も繰り返すと経済的負担がかかってしまいます。そこで、感度が一般的な妊娠検査薬で、フライング検査におすすめのものがないか調べてみると、クリアブルーがよく挙げられていました。

クリアブルー妊娠検査薬も、感度は50IU/Lなのですが、フライング検査しても反応する場合が多いと、口コミでは好評化を得ているようです。具体的には、妊娠していた場合、次の生理予定日の1~2日前から、うっすらとですが陽性反応が出るとのことでした。

次の生理予定日1~2日前から使えるなら、大分早いですね。性交渉後から約2週間しか待たなくて良いですから。

しかし、決してフライング検査使用が推奨されているわけではないため、生理予定日1~2日前に使って陰性だからと言って、妊娠していないということでは必ずしもないとのことでした。

クリアブルー妊娠検査薬が反応するのはいつから?

妊娠検査薬を生理開始予定日1週間後から、とされているのに、それよりも早く検査してしまうケースは結構多いようです。こういうのを、フライング検査と言うそうです。妊娠の有無を一刻でも早く知りたいと思う人は多いということなんですね。

しかし、そのようにフライング検査をしても、大抵は妊娠検査薬を無駄にしてしまうだけだそうです。

なぜなら、生理開始予定日1週間後まで行かないと、ちゃんと受精卵が着床して妊娠していたとしても、hCGホルモンの分泌量が十分ではない関係上、妊娠検査薬にはひっかからないからです。

ただ、中にはフライング検査をするならこれ、と言われている妊娠検査薬もあります。それは、クリアブルー。感度は50IU/Lと、他妊娠検査薬と変わらないのですが、生理開始予定日の1~2日前から、うっすらと陽性反応が出るそうなんです。

ただ、あくまでも口コミの情報なので、個人差があると思っておいた方が良いです。もしかすると、hCGホルモンの分泌量が、最初から多い体質の人がそうなっているという可能性もあるので。

しかし、それを差っ引いても、クリアブルーはドゥーテストやチェックワンシリーズより安いので買いやすいというのもわかります。

着床出血しても妊娠検査薬で陽性は出ません

妊娠検査薬の使用時期を間違っている人って、意外に多いそうです。

正しいタイミングは、次の生理開始予定日の1週間後からなのですが、それよりもみんな早く使ってしまうのだとか。よく挙げられる間違ったタイミングとしては、着床出血の時点みたいです。

受精卵が子宮内膜に定着する際に起こる、着床出血。受精卵が着床したということで、その時点で妊娠は確定した、と思ってしまう人も多いそうですが…ちゃんと着床状態が安定するまでは、中々そうも言い切れません。

実際、着床した受精卵が剥がれて、体外に排出されてしまうケースも多々ありますから。

では、受精卵の着床状態が安定して、妊娠検査薬で陽性反応が出る程、hCGホルモンの分泌量が増えるまでは、どれくらいかかるのでしょうか?

そこで、着床出血ですが、これは排卵から7~10日後に起こるそうで、生理を基準に考えると、次の生理開始予定日の7日前とのことなので、2週間という計算になるみたいです。

そのため、着床出血後2週間してからじゃないと、ちゃんと妊娠検査薬で陽性反応は出ないとのことでした。受精卵が着床してからも、結構かかるんですね。私も将来、妊娠検査薬にお世話になる際は、気を付けます。

フライング検査は何日前から行うべき?

妊娠しているかどうかを早く知りたくて、妊娠検査薬をフライング使用する人は多いと聞きます。実際、そのようなフライング検査でも、陽性が出る人は出るみたいです。

では、妊娠検査薬でのフライング検査は、実際のところ、規定として示されている、次の生理開始予定日の1週間後というのを基準に、何日前から可能なのでしょうか?

化学流産の可能性が妊娠初期ではとても高いことを考えると、早く知ることができるならそれに越したことは無いと思ったので、ちょっと調べてみました。

すると、クリアブルーというのが、フライング検査に良いと口コミでよく話題になっていました。

なんでも、これが一番早くから使えるとのこと。
具体的には、次の生理開始予定日の1~2日前でも、陽性が出るとのことでした。となると、次の生理開始予定日の1週間後というのを基準からすると、8~9日前からという計算になりますね。

フライングと言っても、感度が50mlU/mlのものなら、せいぜい2~3日が限界だろうと思っていたので、こんなに早いとはとても意外でした。ただし、あくまでも個人差があるということは、念頭に置いておいた方が良いそうです。